トレンドニュース・まとめnoまとめ

話題のまとめサイトのまとめ

【悲報】30万円現金給付の条件がまたまた変更「収入が減った世帯」に限定。無職は貰えないw

おすすめコンテンツ

   

【悲報】30万円現金給付の条件がまたまた変更「収入が減った世帯」に限定。無職は貰えないw

1: 名無しのスコールさん 2020/04/10(金) 18:15:25
1世帯30万円の現金給付 基準を簡素化し全国一律に 総務省

2020年4月10日 16時04分

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が減少した世帯への30万円の現金給付について、総務省は基準を簡素化し、世帯人数ごとにいくらまで減少すれば給付するかを定めました。
世帯主と扶養する家族2人の3人世帯では、世帯主の月収が20万円以下に減少した場合などが対象となります。

政府は緊急経済対策の柱の1つとして、ことし2月から6月の間のいずれかの月に、世帯主の収入が一定の水準まで減少した世帯に対し、1世帯あたり30万円を現金で給付することにしています。

給付の条件は住民税が非課税となる収入の水準を基準としていますが、自治体によって違いがあるため総務省は、迅速な給付に向けて全国一律にすると発表しました。
新たな基準では、世帯人数ごとにいくらまで減少すれば給付するかを定めています。

例えば世帯主と扶養する家族2人の3人世帯では、
▽月収が20万円以下に減少するか、
▽月収が50%以上減少し、40万円以下となった場合、給付の対象となります。

世帯の人数ごとの給付条件

世帯の人数ごとの給付条件です。ことし2月から6月の間のいずれかの月の世帯主の月収の状況で審査されます。世帯の人数は世帯主と扶養する家族をあわせた数です。

▽単身世帯は、◇月収が10万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、20万円以下となった場合。

▽2人世帯は、◇月収が15万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、30万円以下となった場合。

▽3人世帯は、◇月収が20万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、40万円以下となった場合。

▽4人世帯は、◇月収が25万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、50万円以下となった場合。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200410/k10012379971000.html

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1586510125/

続きを読む

 - 未分類

×

にほんブログ村