トレンドニュース・まとめnoまとめ

話題のまとめサイトのまとめ

【悲報】世界最強の囲碁棋士、人工知能が強すぎて絶望し引退してしまう・・・・

おすすめコンテンツ

   

【悲報】世界最強の囲碁棋士、人工知能が強すぎて絶望し引退してしまう・・・・

1: 名無しのスコールさん 2019/11/28(木) 15:52:44.94 ID:AEpinLhX0●.net
囲碁AI「AlphaGo」に敗北した世界チャンピオンが「AIを負かすことはできない」と棋士を引退

囲碁の世界タイトルを20回近く獲得し、2000年以降最強の棋士の1人とも評されるイ・セドル棋士が、
2019年11月19日に韓国棋院に辞職願を提出したことを、韓国メディアの聯合ニュースが報じています。
かつてAI企業DeepMindの開発した囲碁AI「AlphaGo」と戦って敗れたイ棋士は、引退の動機の1つとして
「AlphaGoなど囲碁AIの圧倒的な強さ」を挙げているとのことです。

世界戦で4冠を獲得し、通算1000勝という圧倒的な成績を収めていたイ棋士は、、Googleが買収した
企業であるDeepMindが開発したAlphaGoと2016年3月に5番勝負で対局しましたが、4-1で敗北。
AlphaGoが世界最強の囲碁棋士であったイ棋士を下したことで「囲碁で初めて人工知能が人間を
上回った」と評されました。

AlphaGoとの5番勝負では、第4戦でイ棋士が1勝を挙げています。イ棋士はこの第4戦での勝利について
「AlphaGoのバグに勝利しただけ」と評価しています。当初は第4戦も「イ棋士に勝ち目はない」と解説席は
見ていたそうですが、イ棋士が「神の1手」とも評されるほどの妙手を78手目に打ったことで形勢が逆転。
78手目がAlphaGoの想定外だったためか、79手目以降でAlphaGoは突然悪手を連発。最終的に、
AlphaGoは181手目で投了を宣言しました。

聯合ニュースは、「イ棋士の打った78手目は、AIに不満を抱いた人間に希望の光を与えた
『華麗で神聖な1手』として今でも称賛されています」と述べています。しかし、当のイ棋士は
「私の78手目はAlphaGoに対して率直に打ち合う手ではありませんでした。(中国の囲碁プログラムである)
Fine Artでも、同様の不具合が発生しています。Fine Artは人間に対して2石のハンデを受けても負けないほど
強いAIですが、負ける時は大敗します。4戦目の勝利はバグによるものです」と述べました。

https://gigazine.net/news/20191128-alpha-go-master-retire/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1574923964/

続きを読む

 - 未分類

×

にほんブログ村